アンクル岩根のギャラリー


2015.5.8(金)〜24(日)

山下譲治と山下有仁 しなやかさと力強さ・備前の伝統

譲治さんはボクと同じ昭和22年生まれ、昭和46年に伊勢崎淳さんに師事。同じ時、私は山陽放送へ。 31歳の時《岩根宏行のふるさと春秋》で備前、それも譲治さんを取材。すでに彼はろくろ挽きのあと、削って創る器が現代性を表し、 今までの備前のイメージを大きく変え《現代備前》が生まれ始めました。窯場にはその後幼児期の有仁くんが《土遊び》で造形力を 有るおもちゃを次々と完成!その有仁さんは先日の伝統工芸展で驚愕の器を発表しました。大胆で繊細!見事です! それは36年前の譲治さんの作品を観た同じ驚きです。祖父の伊勢崎陽山さんの土に対する想いが100年後も見事に継続されています。 この親子展、5月8日(金)から24日(日)までです。尚16日 (土)には有仁さんのパーティー開催です。